• しっかりした導線の設計で見てもらいたいページを見てもらう

    目的により見たいページは人それぞれです。どんな人がどんなページを見たいか?そしてどんな情報を探しているのかを想定し、ユーザーが欲しているページや情報を見てもらう工夫が大切です。

  • 見やすく・読みやすくユーザーに何が一番か?ということを考えたデザイン

    検索で辿り着いた先のページに目的の情報がない、ということを誰もが経験したことがあると思いますが、そんなミスマッチを少なくするため、ユーザーファーストなレイアウトやデザインを施すことが大切です。

  • わかりやすいい文章で納得からアクションを起す工夫

    わかりやすく、程よい長さの文章で「納得」を引き出し、アクションに繋げる工夫が大切です。もちろん大切なことは削る必要はありませんが、「言いたい。」だけか、ユーザーが欲している情報か?というのは見定める必要があります。

  • 納品後の管理も簡単なWordPressを使用したサイト構築

    WordPressというWebサイト(ホームページ)の土台のシステムを使用し、なるべくリーズナブルにご提供しています。構築期間も早く、修正が容易、各種プラグインやPHPとの組み合わせでカスタマイズいたします。社内ツールとしても使えます。

Message

Webディレクターなどを経験を活かし、WordPressを使用し、導線(訪問者がどこへ来てどの情報を見るか?)
見やすさなどを重視したわかりやすく、シンプルなWebサイトのご提案を心がけています。

WordPressは比較的PCが苦手な方(※)でもご利用できる、システムです。多種多様なプラグインが用意され、PHPと組み合わせて使用できるので、コスト削減や作業効率アップ、情報共有ツールとしても使えます。

クライアント様側で、管理や変更がしやすいように作成し、納品後に簡単な説明書などをおつけすることも出来ますので
後々のメンテナンスにお金がかけられないという方もご相談下さい。

※ブログサービスを利用できる程度のPCの知識は必要です。

Webサイトを作る時のポイントなど、詳しくは下記のページをご覧下さい。

「Webサイトを作るときのポイントと料金について」

Blog